レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[特集・特別インタビュー]

2018年7月号 285号

(2018/06/15)

【スカイマーク】佐山展生会長が語る「民事再生申請から約1年で黒字転換を実現させたもの 」 〜定時運航率日本一への軌跡〜

佐山 展生(さやま・のぶお)

佐山 展生(さやま・のぶお)

1976年京都大学工学部高分子化学科卒。94年ニューヨーク大学MBA取得。99年東京工業大学大学院社会理工学研究科博士後期課程修了(学術博士)。76年帝人においてポリエステルの重合に関する製造・生産技術開発および新製品の研究開発に従事。87年三井銀行(現・三井住友銀行)入社、M&Aアドバイザリー業務担当(90年~95年ニューヨークで米州部M&Aチームの統括。その後、M&A専門部の企業情報部部長)。98年代表取締役パートナーとしてユニゾン・キャピタルを共同設立、東ハト、キリウなどへ出資。2004年4月GCAを共同設立し代表取締役パートナー就任。05年10月メザニン代表取締役就任。07年インテグラル共同設立し、取締役パートナー就任、08年3月からはインテグラル代表取締役パートナー(現任)。また、04年4月一橋大学大学院国際企業戦略研究科助教授、05年4月同教授、18年4月一橋大学大学院経営管理研究科客員教授(現任)、10年京都大学経営管理大学院客員教授(現任)。

2016年3月期には営業黒字達成

 2015年1月28日に民事再生手続の申し立てを行った国内3位の航空会社スカイマークの業績が急回復している。14年3月期の単独決算で営業赤字転落に追い込まれ、経営危機に直面した同社だったが、早くも16年3月期には15億円の営業黒字を達成して同年3月28日には民事再生手続を終結させた。その後、17年3月期も67億円の営業利益を計上するなど順調に業績拡大が続いている。

 それだけではない。18年1月に国土交通省が公表した17年度上半期(4~9月)の定時運航率(出発予定時刻以降15分以内に出発した便数の割合)と欠航率(運航予定便数に対する欠航便の割合)で、スカイマークは定時運航率92.59%となって、国内航空会社11社中1位。また、欠航率も0.4%で、もっとも欠航しにくい航空会社としても1位を獲得するなど、航空会社としての信頼性でもトップの実績を獲得するまでになった。

 このスカイマークの再建に名乗りを上げたのは独立系プライベートエクイティ(PE)ファンドのインテグラルのほか、ANAホールディングス(HD)、日本政策投資銀行(DBJ)、三井住友銀行(SMBC)。

 15年9月から元DBJ常務の市江正彦氏が社長、インテグラルの佐山展生代表取締役パートナーが会長に就任、ANAHDから整備担当など2人が取締役に就き、スカイマークの新体制がスタートした。*

*スカイマークの民事再生の経緯については月刊「MARR」2016年1月号「インテグラル 佐山展生氏が語る『スカイマーク再建』」を参照。

スカイマーク 民事再生手続きの推移

 スカイマークを早期に黒字転換に導いた再生策とはどのようなものだったのか。市江社長とともにスカイマークの経営再建の陣頭指揮を執ってきた佐山展生会長に聞いた。

<インタビュー>
“定時性日本一”を掲げ、目標に向かって全社一丸で取り組んだ成果

 佐山 展生(スカイマーク代表取締役会長、インテグラル代表取締役パートナー)

スカイマーク再生のカギを握るもの

―― スカイマークは2015年1月28日に民事再生手続の申し立てを行い、9月から佐山会長、市江正彦社長を中心とした新経営体制がスタートしました。その後、早くも16年3月期には15億円の営業黒字を達成し、16年3月28日には民事再生手続を終結させました。その後、17年3月期も67億円の営業利益を計上するなど順調に業績向上が続いています。
 佐山会長には、スカイマークの再生支援に入った時に、勝算があったのですか。

「民事再生になった原因は、はっきりしていて、

この記事は、Aコース会員、Bコース会員、Cコース会員、EXコース会員限定です

*Cコース会員の方は、最新号から過去3号分の記事をご覧いただけます

マールオンライン会員の方はログインして下さい。その他の方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

ソフトバンクグループ、ヤフー<4689>にTOBを実施

速報・トピックス

[<速報>公表アドバイザー情報]

NEW ソフトバンクグループ、ヤフー<4689>にTOBを実施

M&A取引におけるMAC条項と天災地変

視点・寄稿

[寄稿・寄稿フォーラム]

M&A取引におけるMAC条項と天災地変

東京青山・青木・狛法律事務所 べーカー&マッケンジー外国法事務弁護士事務所 (外国法共同事業)弁護士 辻本 哲郎(Baker & McKenzie LLP駐在)





M&A専門誌 マール最新号

株式会社レコフ 企業戦略に沿ったM&A実現をサポート
株式会社レコフ主催 クロスボーダーM&Aセミナー ASEAN進出のトレンド~M&A成功の要件
株式会社ワールディング
M&Aフォーラム
NIKKEI TELECOM日経テレコン
日経バリューサーチ

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム