レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[【PMI】 攻めのPMI -企業価値最大化の契機としてのM&A(マッキンゼー・アンド・カンパニー)]

(2019/06/27)

【第5回(最終回)】 新たなトレンドに ~「変革のPMI」の兆し

野崎 大輔(マッキンゼー・アンド・カンパニー パートナー)
加藤 千尋(マッキンゼー・アンド・カンパニー アソシエイト・パートナー)

  本連載では、「攻めのPMI~企業価値最大化の契機としてのM&A~」と題して、ディールによって生まれる価値創造の目標を高く設定し、PMIによって確実に果実を刈り取るための知見を紹介してきた。価値創造に注目した理由は、日本企業がより意欲的な目標を掲げ、グローバル企業に変革するための契機となるM&AとPMIを行う際に参考にしていただきたい、と考えたためである。

  最終回では、M&Aにおける「変革」をテーマに取り上げる。ディールによっては、買収する企業にとって自社の命運を大きく左右するものであるが故に、「変革」と位置付けられるものがある。例えば、ディールの規模が非常に大きいもの、投資命題を成立させるために必要な価値創造の水準が達成困難なもの、あるいは業界構造を変化させるもの、といった案件が当てはまる。

  このような案件で大きな成功を収めるには、本連載で述べてきたような価値創造のベストプラクティスを実行するだけでなく、「変革」を成功に導くための方法論を踏襲することが成功の鍵になると考える。本稿では、どのようなM&A案件が「変革」と呼べるのかを明らかにし、マッキンゼーのM&AやPMIだけでなく、「変革」についての経験、知見を踏まえ、「変革」となる案件でのPMIをどのように成功に導くかを説明する。

「変革」の契機となるM&A案件はどういったものか

  マッキンゼーは、過去20年以上に渡って、世界中のM&A活動の調査を基にディールの分類を行い、分類ごとに株主価値の実現を分析してきた(図1)。例えば、「プログラマティックM&A」と呼んでいるタイプでは、企業はM&Aを習慣的に実行する。マッキンゼーの研究では、最低でも年に1-2件、通常は3-4件のM&Aを行い、10年の累積で企業価値の20%を超える割合をM&Aで獲得している企業と定義している。一方で、「大型案件」のタイプは、1つのディールを通じて自社の時価総額の30%以上を獲得するアプローチを指す。

  マッキンゼーの研究によると、プログラマティックM&Aのアプローチを継続的に用いている企業は他社よりも高い価値創造を実現している。その理由は、長期戦略に必要な能力を段階的に入手できることや、社内にM&AやPMIの経験値が蓄積することが挙げられる。一方、「大型案件」のアプローチを用いている企業は、平均では株主価値を棄損しているが、結果の幅に大きな広がりがある。そして、このような大きな案件では、M&A実行の2年後の株主価値の水準が、その後の長期的な株主リターンと相関しており、PMIの成否が企業の将来にとって重要であることが分かっている。これは、世界中の企業にも日本の企業にも同様に見られる傾向である。

[図1]


  このような規模の大きな案件は…



マッキンゼー・アンド・カンパニー

■筆者経歴

野崎大輔(のざき・だいすけ)
マッキンゼー・アンド・カンパニー パートナー
M&Aや合弁事業立ち上げを含むコーポレートトランザクション、事業統合マネジメント、戦略立案、次世代リーダー育成など、豊富な専門的知見を活かし幅広い分野のクライアントにコンサルティングを提供。日系企業のM&Aプロジェクトのプロセス全般における支援のほか、製造業、資源・エネルギー、消費財、ヘルスケア、戦略的投資家、機関投資家など、幅広いクライアントに関わる数多くのプロジェクトに従事。また、合弁事業立ち上げやその他のパートナーシップ締結も積極的に支援。
経営統合マネジメントにおいては、完全買収、マイノリティ投資、合弁事業立ち上げ、事業パートナーシップ締結など、様々な投資形態におけるプロジェクトに携わり、シナジー創出による投資対効果の最大化、オペレーション改善策の策定、クライアント企業の経営陣とチームメンバー双方を巻き込んだインプリメンテーションプログラムの開発に注力している。
2003年9月から2006年8月までマッキンゼーに在籍し、その後2012年6月に復職。Kohlberg Kravis Roberts (KKR)およびゴールドマン・サックスでの勤務経験を持つ。
東京大学大学院人文科学研究科英語英文学専攻修士課程修了。

加藤千尋(かとう・ちひろ)
マッキンゼー・アンド・カンパニー アソシエイト・パートナー
M&Aやアライアンス、PMIや成長戦略を専門に、電子機器、半導体など製造業のクライアントを中心にサポート。シリコンバレー・オフィスでは、現地企業の成長戦略やM&A戦略および大型PMIに従事。日本でもクロスボーダーのM&Aやアライアンス、PMI、テクノロジー戦略といったテーマを専門に担当。また、製造業企業の全社変革プロジェクトにも従事。2007年にマッキンゼー入社。2013年にアメリカのシリコンバレー・オフィスに転籍、2017年に日本オフィスに復帰。
京都大学理学研究科修士/スタンフォード大学にてMBA取得。





関連記事

続きをご覧いただくにはログインして下さい

この記事は、無料会員も含め、全コースでお読みいただけます。
ご登録がお済みでない方は、「会員登録」からお申込みください。

マールオンライン会員の方はログインして下さい。その他の方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

【第3回】 事業ポートフォリオマネジメント

スキルアップ

[【コーポレートガバナンス】よくわかるコーポレートガバナンス改革~日本企業の中長期的な成長に向けて~(デロイト トーマツ コンサルティング合同会社)]

NEW 【第3回】 事業ポートフォリオマネジメント

汐谷 俊彦(デロイト トーマツ コンサルティング合同会社 執行役員)

【第11回】エンタプライズDCF法とフリー・キャッシュフロー

スキルアップ

[【企業価値評価】事業法人の財務担当者のための企業価値評価入門(早稲田大学大学院 鈴木一功教授)]

NEW 【第11回】エンタプライズDCF法とフリー・キャッシュフロー

鈴木 一功(早稲田大学大学院 経営管理研究科<早稲田大学ビジネススクール>教授)

【第109回】M&Aによって長期的な価値創造を実現する計画とは?――グローバル実態調査から得られたポイント

座談会・インタビュー

M&A専門誌 マール最新号

アクセスランキング

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム