レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

M&A用語

事業再生実務家協会
英語:Japanese Association of Turnaround Professionals
事業再生実務家協会とは、事業再生の実務を担う人材を必要とする企業と事業再生専門家をつなぐことを目的として設立された組織である。2003年に設立、2019年に一般社団法人化された。

会員は、弁護士、公認会計士、税理士、コンサルタント、事業会社、金融機関など全国の事業再生に関与する有力な実務家/組織で構成されている。

2008年11月には、法務大臣及び経済産業大臣からの認証・認定を受け、新しく制度化された事業再生ADRの特定認証紛争解決事業者となり、多くの事業再生に関与している。

2020年5月末現在で唯一の事業再生ADRの特定認証紛争解決事業者である。


参照

一般社団法人事業再生実務家協会ホームページ

経済産業省 産業創造課 事業再生ADR制度について

最終更新日 2020/5/31

関連記事

座談会・インタビュー

2020年6月号 308号

[特集・特別インタビュー]

【PEファンドのトップが直言】公的年金資金の一部を民間・独立系PEファンドに分配して、企業再生支援の体制構築を

安東 泰志(ニューホライズン キャピタル 代表取締役会長)

M&A戦略・実務

2019年4月号 294号

[M&A戦略と法務]

産業競争力強化法改正における商取引債権考慮規定の創設

相澤 豪(TMI総合法律事務所 パートナー)

M&A戦略・実務

2017年1月号 267号

[M&A戦略と法務]

債務免除を伴う私的整理を利用したM&A

 谷津 朋美(TMI総合法律事務所 弁護士 公認会計士)

視点・寄稿

2010年6月号 188号

[寄稿・寄稿フォーラム]

事業再生ADRの意義と課題

一橋大学教授 山本 和彦

座談会・インタビュー

2010年6月号 188号

[対談・座談会]

事業再生ADRとM&A――活用と融合に向けて

出席者松嶋 英機 弁護士(事業再生実務家協会代表理事、西村あさひ法律事務所代表パートナー) 坂井 秀行 弁護士(坂井・三村・相澤法律事務所)司会・構成 川端 久雄 (マール編集長 日本記者クラブ会員)

視点・寄稿

2010年6月号 188号

[寄稿・寄稿フォーラム]

ある不動産デベロッパーの事業再生ADR手続

森・濱田松本法律事務所 弁護士 井上 愛朗

座談会・インタビュー

2009年12月号 182号

[対談・座談会]

国家とM&A ――公的資金注入と倒産法制

 出席者 高木 新二郎 弁護士、野村証券顧問/山本 和彦 一橋大学大学院法学研究科教授/司会・構成 川端久雄(マール編集長、日本記者クラブ会員) 

五十音順

M&A専門誌 マール最新号

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム