M&A専門誌マール 2023年12月号 350号(2023/11/15発売)

特集: 市場構造改革と資本市場への「ロジカルな発信」

2022年の「人的資本改革元年」を経て、2023年はIRやSRの現場において、非財務情報に対する関心が高まった年である。その背景にはサステナビリティに関する様々な問題意識があり、多くの日本企業が「資本市場にどう向き合うべきか」に関心を深めている。また、東京証券取引所から公表された市場構造改革のフォローアップを経て、PBRに対する関心も高まっている。日本企業が将来の成長性を訴求していくなかで、発信の工夫、いわゆる「ロジカルな発信」が今求められている。では、「ロジカルな発信」とは何か。本特集座談会は、『市場構造改革と資本市場への「ロジカルな発信」』と題し、西村あさひ法律事務所の武井一浩パートナー弁護士による司会・進行のもと、同事務所の安井桂大パートナー弁護士、野村市場研究所野村サステナビリティ研究センター長の江夏あかね氏にそれぞれの専門的見地から、日本IR協議会専務理事の佐藤淑子氏、味の素グローバル財務部IRグループ長の梶昌隆氏には上場企業側の取り組みについてお話いただき、多角的かつ多様な議論をしていただいた。全体としてボリュームがあるが、この機に是非ご一読いただきたい。(本対談はオンラインで実施しました。)

  • [対談・座談会] IR戦略

    [座談会] 市場構造改革と資本市場への「ロジカルな発信」

    ~2023年度版企業法制をめぐる諸論点~

    【出席者】(五十音順)
    江夏 あかね(野村資本市場研究所 野村サステナビリティ研究センター長)
    梶 昌隆(味の素 グローバル財務部 IRグループ長)
    佐藤 淑子(日本IR協議会 専務理事)
    武井 一浩(西村あさひ法律事務所・外国法共同事業 パートナー 弁護士)(司会・進行)
    安井 桂大(西村あさひ法律事務所・外国法共同事業 パートナー 弁護士)

今月のコンテンツ

M&A専門誌マールのお申込み

「「MARR(マール)」は日本で唯一のM&A専門誌。
「記事編」(WEBでご提供)と「統計とデータ編」(雑誌でご提供)で構成されています。

M&A専門誌「MARR(マール)」を申し込む

購読お申込み

2023年 バックナンバー

年別バックナンバー一覧

スキルアップ講座 M&A用語 マールオンライン コンテンツ一覧 MARR Online 活用ガイド

アクセスランキング