レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

M&A専門誌マール 2011年7月号 201号(2011/06/17発売)

特集:
MBOを活用した経営戦略

2011年に入って大型のMBO(マネジメントバイアウト)案件が次々に公表され注目を浴びている。MBOは、一般には、現経営者が自ら出資して対象企業を買収することとされる。子会社経営陣が親会社から独立したり、オーナー企業の事業承継にも活用され、また、経営者と共同して投資ファンド等が出資する場合があるなど、その目的・形態は多様である。本号では、多様なスキームのうち、上場会社のMBOによる非上場化をとりあげる。非上場化のMBOは構造的に利益相反の問題を抱えており、特にその目的や買収価格の公正性が問題とされてきた。2008年、経済産業省は「MBO指針」を公表して公正な手続き確保のためのガイドラインを提示し、それ以降、実務手続きは相応の進化を遂げてきたようだが、その取引自体に対する評価についてはさまざまな見方がある。そこで、市場動向や最近の傾向を分析しながら、MBOを経営戦略実現の手段として活用してきた企業、それを支援する投資ファンド、そして株式市場を開設する証券取引所など、それぞれの見方を多角的に紹介した。非上場化のMBOのあり方を考える参考となれば幸いである。

MBOによる非上場化の動向

マーケット動向

[データで見る]

MBOによる非上場化の動向

非上場化のMBOの動向と適正プロセスについて

視点・寄稿

レコフ ヴァイス プレジデント 小笠原 圭

IPOとの比較で考えるMBO -証券市場へのデビューとリタイア-

視点・寄稿

東京証券取引所 執行役員 静 正樹

MBOにおけるPEファンドの役割と課題

座談会・インタビュー

[特集・特別インタビュー]

MBOにおけるPEファンドの役割と課題

日本プライベート・エクイティ協会 会長 安達 保(カーライルグループ マネージングディレクター 日本共同代表)

TMI総合法律事務所 弁護士 谷口 達哉

今月のコンテンツ

武田薬品工業、1.1兆円でスイスの製薬を買収

マーケット動向

[マーケットを読む ~今月のM&A状況~]

武田薬品工業、1.1兆円でスイスの製薬を買収

「日本とアジアのクロスボーダーM&A動向(4)」

マーケット動向

GLOBAL M&A 2011年7月号

マーケット動向

[GLOBAL M&A]

GLOBAL M&A 2011年7月号

第7回 アセアン諸国編(M&Aとデューデリジェンス)

マーケット動向

[海外M&Aの課題と成功のポイント]

第7回 アセアン諸国編(M&Aとデューデリジェンス)

第31回 経営チームのトランジション(下)

M&A戦略・実務

第49回 大震災後の今こそ経営戦略・M&A戦略の見直しを

M&A戦略・実務

第77回 医療機器業界 新規参入によるM&Aの活発化に期待

マーケット動向

[業界動向「M&Aでみる日本の産業新地図」]

第77回 医療機器業界 新規参入によるM&Aの活発化に期待

 第25回 『協議打ち切りの波紋と軋轢』

M&A戦略・実務

[【小説】経営統合の葛藤と成功戦略]

第25回 『協議打ち切りの波紋と軋轢』

刊行一覧 2011年

M&A専門誌マールのお申込み

「MARR(マール)」は日本で唯一のM&A専門誌。
「記事編」(WEBでご提供)と「統計とデータ編」(雑誌でご提供)で構成されています。

  • M&A専門誌「MARR(マール)」について
  • 「統計とデータ」について
  • M&A専門誌「MARR(マール)」お申し込み

年別一覧

  1. 2020年刊行一覧
  2. 2019年刊行一覧
  3. 2018年刊行一覧
  4. 2017年刊行一覧
  5. 2016年刊行一覧
  6. 2015年刊行一覧
  7. 2014年刊行一覧
  8. 2013年刊行一覧
  9. 2012年刊行一覧
  10. 2011年刊行一覧
  11. 2010年刊行一覧
  12. 2009年刊行一覧
  13. 2008年刊行一覧
  14. 2007年刊行一覧
  15. 2006年刊行一覧

M&A記事ライブラリー

M&A専門誌 マール最新号

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム