M&A専門誌マール 2020年2月号 304号(2020/01/20発売)

特集: 日本経済再生の神髄、中小企業改革 <2019年M&A全データ 一挙掲載>

日本はGDPに影響を及ぼす生産年齢人口が増えず、生産性も低迷し続けるというダブルパンチによってデフレから脱却できない状況になっている――と、デービッド・アトキンソン氏は指摘する。アトキンソン氏は、ゴールドマン・サックス証券のアナリスト時代、バブル崩壊後の日本の金融機関の巨額不良債権問題を鋭く指摘して「伝説のアナリスト」といわれた。その後、文化財及び国宝建造物等に対する美術工芸工事を手掛ける小西美術工藝社の社長に就任後も、日本経済復活に関する様々な提言を行っている。本特集インタビューでは、同氏に、袋小路にはまり込んだ日本経済の復活策を聞いた。日本が直面する危機に対して、人口増加を前提としたこれまでの経済学は答えを出すことができていないというアトキンソン氏は、日本の生産性が向上しないのは、保護政策によって日本企業の99.7%を中小企業が占めるまでになった非効率な産業構造に原因があると分析。その大転換が不可避であり、最低賃金の引き上げ政策と中小企業の統合を促すために、会社を売って得をするM&A税制の整備が必要だと説く。

今月のコンテンツ

M&A専門誌マールのお申込み

「「MARR(マール)」は日本で唯一のM&A専門誌。
「記事編」(WEBでご提供)と「統計とデータ編」(雑誌でご提供)で構成されています。

M&A専門誌「MARR(マール)」を申し込む

購読お申込み

刊行一覧 2020年

年別一覧

アクセスランキング