M&A専門誌マール 2019年8月号 298号(2019/07/16発売)

特集: ベンチャー企業のバリュエーション実務

ベンチャー企業によるイノベーションについては、新たな市場の創造という役割が期待されているが、事業会社にとっても、事業シナジーを積極的に生み出す「オープンイノベーション」実現のためのベンチャー投資が重要な成長戦略の1つとなっている。実際、事業会社によるベンチャー企業のM&Aは、自社の戦略目的のためにベンチャー投資を行うCVC(コーポレート・ベンチャーキャピタル)によるものも含め、大幅に増加している。一方、ベンチャー起業家もこれまではIPO(株式公開)を志して起業するケースが多かったが、近年はM&Aによって事業会社に株式を売却してEXITするケースが増えてきている。しかし、事業基盤が確立した上場企業に比べて、ベンチャー企業に関しては、事業計画達成の不確実性が高く、破綻するケースもあることから、こうした要素を考慮した上で企業価値評価を行わなければならないという課題がある。ところが、ベンチャー企業の企業価値評価の手法はまだ確立されていないことから、事業会社によるベンチャー企業の買収の際、適正価格を算定することがむつかしいとの声も聞かれる。今後、事業会社によるベンチャー企業に対するM&Aの増加が予想される中で、企業価値評価をどのような視点、手法で行うべきか。本号の特集座談会では、久保田朋彦・GCAテクノベーション代表取締役、小林丈人・GCAエグゼクティブディレクター、山中卓・i-nest capital代表取締役の3人のエキスパートにお集まりいただき、それぞれの経験を踏まえてベンチャー企業の企業価値評価の実務についてお話し合いいただいた。

今月のコンテンツ

M&A専門誌マールのお申込み

「「MARR(マール)」は日本で唯一のM&A専門誌。
「記事編」(WEBでご提供)と「統計とデータ編」(雑誌でご提供)で構成されています。

M&A専門誌「MARR(マール)」を申し込む

購読お申込み

刊行一覧 2019年

年別一覧

アクセスランキング