M&A専門誌マール 2012年5月号 211号(2012/04/17発売)

特集: 日本企業のグローバル化とM&A戦略

今、日本企業は新たな成長の糧を求めてグローバル化を急いでいます。海外M&Aが脚光を浴び、円高もあって大きく伸びています。日本電産の永守重信社長は早くから国内でM&Aを駆使し、近時は海外M&Aも積極的に展開し、世界企業に駆け上がっています。M&Aの活用で日本を代表する企業です。一方、武田薬品工業は長年、自前の内部成長(オーガニック・グロース)でやってこられましたが、研究開発型の国際製薬企業を目指し、最近は海外で大型買収を実践されています。その方向に舵を切られたのが長谷川閑史社長です。同時に長谷川社長は経済同友会代表幹事として『新・日本流経営の創造』(第16回企業白書)を旗印に日本企業全体のグローバル化も推進されておられます。片や創業者社長、片や伝統的日本企業の社長とご経歴を異にしながらも、ともに現下の日本を代表する経営者でいらっしゃいます。本日は、お二人にM&A戦略の活用、留意点、グローバル化の意義や課題などを話し合っていただきます。閉塞感が漂う中、日本企業が進むべき道筋をお示しいただき、経営に携わる方々に勇気と希望を与えていただければ幸いです。

今月のコンテンツ

M&A専門誌マールのお申込み

「「MARR(マール)」は日本で唯一のM&A専門誌。
「記事編」(WEBでご提供)と「統計とデータ編」(雑誌でご提供)で構成されています。

M&A専門誌「MARR(マール)」を申し込む

購読お申込み

刊行一覧 2012年

年別一覧

アクセスランキング