M&A専門誌マール 2012年1月号 207号(2011/12/15発売)

特集: 海外M&A戦略とグローバル経営の実際

海外に成長を求める日本企業にとって、海外M&Aはその重要な手段となっている。そして、その海外成長戦略を実現するためには、M&A後の統合(PMI)の成功が重要とされる。しかし、事業の海外現地化、グローバル化が進展するにつれ、個々のM&AにおけるPMIの成功にとどまらず、経営そのものをいかにグローバル化していくかが重要な課題となりつつある。
本特集では、海外M&Aをテコにグローバル企業への変身にチャレンジする日本企業の戦略と経営の実際に迫った。まず座談会では、NTTグループの奥野氏、西畑氏とマーサージャパンの竹田氏にお集まりいただき、内需型企業の代表ともいえるNTTグループが比較的大型の海外M&Aをテコとしていかにグローバル経営に向けたチャレンジをされているか、その実際を語っていただいた。そしてインタビューでは、中堅企業サンエースの佐々木社長に、小さなグローバル企業の経営の実態についてお伺いした。
大きく規模の異なる日本企業のそれぞれのグローバル化へのチャレンジの姿が参考になれば幸いです。

今月のコンテンツ

M&A専門誌マールのお申込み

「「MARR(マール)」は日本で唯一のM&A専門誌。
「記事編」(WEBでご提供)と「統計とデータ編」(雑誌でご提供)で構成されています。

M&A専門誌「MARR(マール)」を申し込む

購読お申込み

刊行一覧 2012年

年別一覧

アクセスランキング