M&A専門誌マール 2014年7月号 237号(2014/06/15発売)

特集: 変化を迫られる対中直接投資 ~中国市場とどう向き合うか~

2013年の日本の対中直接投資は、中国の経済成長の鈍化に日中関係の緊張が加わり停滞したが、日本にとって中国は最大の貿易相手国であり、経済的に最も重要な国の1つであることに変わりはない。「世界の工場」から一大消費地に変身しながら7%台の成長を維持する中国市場への投資意欲は依然として高いと考えられ、対中M&Aにも回復の兆しが見えるが、現状は大きな転換期にある中国の今後を見極める様子見の時期と捉えることができる。日本企業は中国市場とどう向き合って行けばよいのか。富士通総研経済研究所の金賢敏主任研究員へのインタビュー、JETRO(日本貿易振興機構)や実務専門家の寄稿、M&Aデータ分析により、対中投資戦略の今後の在り方を考える。

今月のコンテンツ

M&A専門誌マールのお申込み

「「MARR(マール)」は日本で唯一のM&A専門誌。
「記事編」(WEBでご提供)と「統計とデータ編」(雑誌でご提供)で構成されています。

M&A専門誌「MARR(マール)」を申し込む

購読お申込み

刊行一覧 2014年

年別一覧