M&A専門誌マール 2014年3月号 233号(2014/02/15発売)

特集: アベノミクスの成長戦略で期待されるベンチャー育成と産業革新機構の役割

産業革新機構によるベンチャー投資件数が大幅に増加している。政府と民間の出資によって2009年7月に設立された同機構は、ジャパンディスプレイやルネサスエレクトロニクスなどへの大型投資がメディアでも大きく報じられた。しかし、「先端的な基礎技術の事業展開」、「ベンチャー企業等の事業拡大」を目的とする投資についても設立当初より同機構の重要なミッションとされてきた。いわゆる「アベノミクス」の3本目の矢とされる成長戦略でベンチャー投資の推進政策が打ち出されたこともあって、同機構としてもベンチャー投資体制を一層強化していくとしている。そこで本特集では産業革新機構のベンチャー投資に焦点を当て、小宮義則・専務執行役員に同機構のベンチャー投資戦略のすべてを語っていただいたほか、日本ベンチャーキャピタル協会の安達俊久会長に、民間ベンチャーキャピタルの立場からベンチャー企業投資を巡る官製ファンドとの役割分担についてインタビューした。

今月のコンテンツ

M&A専門誌マールのお申込み

「「MARR(マール)」は日本で唯一のM&A専門誌。
「記事編」(WEBでご提供)と「統計とデータ編」(雑誌でご提供)で構成されています。

M&A専門誌「MARR(マール)」を申し込む

購読お申込み

刊行一覧 2014年

年別一覧

アクセスランキング