M&A専門誌マール 2014年6月号 236号(2014/05/15発売)

特集: 外国企業の対日M&Aの実際 ~グローバル企業の対日M&Aから見えるもの~

政府は対日直接投資倍増計画を達成すべく様々な取り組みをしているが、その重要な手段である対日M&Aについては、2013年にアプライド・マテリアルズと東京エレクトロンの経営統合のような大型の戦略的案件が出現したとはいえ、まだまだそのウエイトは小さく、伸び悩みが続いている。そうした中、世界のグローバル企業の中には、対日M&Aを経営戦略実現のための重要な手段として積極的に活用している企業も見られる。本特集では、代表的なグローバル企業であるGEグループ、ボッシュグループで対日M&Aを実践している日本法人のトップの方々による座談会や、仏投資会社と投資先日本企業のトップへのインタビューを通じて、欧米グローバル企業による対日M&A戦略やPMIの実際についてレポートする。また参考として、対日M&A動向のデータ分析も行っている。対日M&Aによる提携について投資する外資企業のOUT-INの目線を中心にレポートしたが、IN-OUTのM&Aによってグローバル化にチャレンジする中で、そのPMI等に苦労している日本企業にとっても参考になれば幸いである。

今月のコンテンツ

M&A専門誌マールのお申込み

「「MARR(マール)」は日本で唯一のM&A専門誌。
「記事編」(WEBでご提供)と「統計とデータ編」(雑誌でご提供)で構成されています。

M&A専門誌「MARR(マール)」を申し込む

購読お申込み

刊行一覧 2014年

年別一覧

アクセスランキング