レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

M&A専門誌マール 2016年3月号 257号(2016/02/15発売)

特集:
企業価値創造に向けた経営改革とは

アベノミクスの「日本再興戦略」に基づいて、機関投資家向けの行動原則である「スチュワード・シップ コード(SSC)」と、企業の持続的な成長と中長期的な企業価値の向上を狙った「コーポレートガバナンス コード(CGC)」とからなるコーポレートガバナンス改革の推進が打ち出された。2つのコードは2014年8月にまとめられた「持続的成長への競争力とインセンティブ~企業と投資家の望ましい関係構築~」プロジェクト(座長:伊藤邦雄 一橋大学大学院商学研究科教授)、通称"伊藤レポート"を、お手本としている。日本企業の競争力に対する評価は低く、それ以上にガバナンス力の評価はもっと低いと言われている現状を打破し、日本企業の稼ぐ力を推し進めるようという意欲的な施策だ。
そこで、資生堂特別顧問で日本取締役協会の副会長を務めておられる弦間明氏、日本企業の成長のためのリスクマネーの担い手として多くの企業改革を手掛けてこられたニューホライズンキャピタルの安東泰志会長兼社長、グローバルな投資家の立場からダルトン・インベストメンツLLCの佐野順一郎日本代表兼経営委員の皆様にお集まりいただき、SSC、CGCが日本企業に及ぼす影響と現状についてお話合いをいただいた。

[座談会]企業価値創造に向けた経営改革とは

座談会・インタビュー

 安東 泰志(ニューホライズンキャピタル 会長兼社長)
 弦間 明(資生堂 特別顧問、日本取締役協会 副会長)
 佐野 順一郎(ダルトン・インベストメンツLLC 日本代表兼経営委員)
 (50音順)

今月のコンテンツ

IN-OUTでASEANへの投資が活発

マーケット動向

[マーケットを読む ~今月のM&A状況~]

IN-OUTでASEANへの投資が活発

GLOBAL M&A 2016年3月号

マーケット動向

[GLOBAL M&A]

GLOBAL M&A 2016年3月号

No.184 経営統合を成し遂げ、日本発のグローバルファームの実現を目指す

座談会・インタビュー

ブラジルでのM&Aにおける実務上の留意点

M&A戦略・実務

第105回 報酬設計に係る平成28年度税制改正

M&A戦略・実務

[M&A戦略と会計・税務・財務]

第105回 報酬設計に係る平成28年度税制改正

第133回 化学業界~経営統合を発表したダウ・ケミカルとデュポン

マーケット動向

[業界動向「M&Aでみる日本の産業新地図」]

第133回 化学業界~経営統合を発表したダウ・ケミカルとデュポン

第11回 『創業家の濃すぎる血』

M&A戦略・実務

[【小説】新興市場M&Aの現実と成功戦略]

第11回 『創業家の濃すぎる血』

2016年1月の全国・地域別M&A状況

マーケット動向

[地方のM&A~中小企業の事業承継・事業再生と地域金融機関の対応~]

2016年1月の全国・地域別M&A状況

次号予告と編集後記(2016年3月号)

その他

刊行一覧 2016年

M&A専門誌マールのお申込み

「MARR(マール)」は日本で唯一のM&A専門誌。
「記事編」(WEBでご提供)と「統計とデータ編」(雑誌でご提供)で構成されています。

  • M&A専門誌「MARR(マール)」について
  • 「統計とデータ」について
  • M&A専門誌「MARR(マール)」お申し込み

年別一覧

  1. 2020年刊行一覧
  2. 2019年刊行一覧
  3. 2018年刊行一覧
  4. 2017年刊行一覧
  5. 2016年刊行一覧
  6. 2015年刊行一覧
  7. 2014年刊行一覧
  8. 2013年刊行一覧
  9. 2012年刊行一覧
  10. 2011年刊行一覧
  11. 2010年刊行一覧
  12. 2009年刊行一覧
  13. 2008年刊行一覧
  14. 2007年刊行一覧
  15. 2006年刊行一覧

M&A記事ライブラリー



M&A専門誌 マール最新号

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム