M&A専門誌マール 2016年3月号 257号(2016/02/15発売)

特集: 企業価値創造に向けた経営改革とは

アベノミクスの「日本再興戦略」に基づいて、機関投資家向けの行動原則である「スチュワード・シップ コード(SSC)」と、企業の持続的な成長と中長期的な企業価値の向上を狙った「コーポレートガバナンス コード(CGC)」とからなるコーポレートガバナンス改革の推進が打ち出された。2つのコードは2014年8月にまとめられた「持続的成長への競争力とインセンティブ~企業と投資家の望ましい関係構築~」プロジェクト(座長:伊藤邦雄 一橋大学大学院商学研究科教授)、通称"伊藤レポート"を、お手本としている。日本企業の競争力に対する評価は低く、それ以上にガバナンス力の評価はもっと低いと言われている現状を打破し、日本企業の稼ぐ力を推し進めるようという意欲的な施策だ。
そこで、資生堂特別顧問で日本取締役協会の副会長を務めておられる弦間明氏、日本企業の成長のためのリスクマネーの担い手として多くの企業改革を手掛けてこられたニューホライズンキャピタルの安東泰志会長兼社長、グローバルな投資家の立場からダルトン・インベストメンツLLCの佐野順一郎日本代表兼経営委員の皆様にお集まりいただき、SSC、CGCが日本企業に及ぼす影響と現状についてお話合いをいただいた。

今月のコンテンツ

M&A専門誌マールのお申込み

「「MARR(マール)」は日本で唯一のM&A専門誌。
「記事編」(WEBでご提供)と「統計とデータ編」(雑誌でご提供)で構成されています。

M&A専門誌「MARR(マール)」を申し込む

購読お申込み

刊行一覧 2016年

年別一覧

アクセスランキング