M&A専門誌マール 2016年5月号 259号(2016/04/15発売)

特集: ガバナンス改革の進展と企業買収の行方

コーポレートガバナンス改革の進展により日本の企業買収を巡る環境が大きく変化してきています。折しも2016年は王子製紙(当時)が北越製紙(当時)に対し、本格的な敵対的TOBを仕掛けてからちょうど10年目になります。今、このようなTOBが起きたらどうなるのか。日本の企業社会に定着している敵対的TOBの負のイメージを払拭するためにはどうすればいいのか。大型再編を進めている海外の事例などとも比較しながら座談会で議論をしていただきました。出席者は日本の企業買収法制の第1人者である田中亘東京大学教授らです。また王子との攻防戦で、北越側の代理人として防衛を成功に導いた牛島信弁護士にガバナンス改革後の敵対的買収の行方をテーマにご寄稿をいただいています。

今月のコンテンツ

M&A専門誌マールのお申込み

「「MARR(マール)」は日本で唯一のM&A専門誌。
「記事編」(WEBでご提供)と「統計とデータ編」(雑誌でご提供)で構成されています。

M&A専門誌「MARR(マール)」を申し込む

購読お申込み

刊行一覧 2016年

年別一覧

アクセスランキング