M&A専門誌マール 2013年12月号 230号(2013/11/15発売)

特集: M&Aにおける情報管理

M&Aにおける情報管理体制の強化は、日本企業にとって喫緊の課題となっている。川崎重工業事件を契機にM&Aの交渉に関するすっぱ抜き報道に対する開示対応の在り方が議論になり、また、インサイダー取引規制の改正に伴い情報管理の強化が課題とされているからだ。さらに、日本企業のM&Aに関して米国での集団訴訟が増えるなど、日本企業のグローバル化の中で、M&Aにおける情報管理の実務をグローバルなルールに合わせる必要性にも迫られている。本特集では、情報開示規制に携わっておられる東証の武田太老氏および日米の実務に精通されている武井一浩弁護士と池田祐久外国法事務弁護士による座談会、玉井裕子弁護士と鈴木明美弁護士、KKRジャパンの藤井良太郎氏による寄稿、そして、国際訴訟における米国e‐ディスカバリー対応等のUBIC社守本社長へのインタビューにより、日米の規制や情報管理実務の実際を立体的に捉えるとともに、日本企業のあるべき対応について考える。

今月のコンテンツ

M&A専門誌マールのお申込み

「「MARR(マール)」は日本で唯一のM&A専門誌。
「記事編」(WEBでご提供)と「統計とデータ編」(雑誌でご提供)で構成されています。

M&A専門誌「MARR(マール)」を申し込む

購読お申込み

刊行一覧 2013年

年別一覧

アクセスランキング