M&A専門誌マール 2015年11月号 253号(2015/10/15発売)

特集: グループ経営とガバナンス

海外M&Aを梃子に事業のグローバル化を図る日本企業が増える中、グローバルなグループ経営をいかに成功させるかが大きな課題となっているが、それは単に被買収会社の経営・ガバナンスの領域にとどまらず、コーポレートガバナンス・コードの適用を背景に、日本企業自身のグループ経営やガバナンスの在り方の見直し、改革を迫るものでもある。本特集対談では、早い時期から海外M&Aを活用してグローバル化に取り組んできたキリンホールディングス常勤監査役の鈴木政士氏と首都大学東京教授の松田千恵子氏に、キリングループにおけるグローバル経営やガバナンスの実際をご紹介いただき、その在り方についても議論頂いた。また、松田千恵子氏には、コーポレートガバナンス・コードによって自社に求められていることが、そのままグループ子会社や被買収会社のガバナンスに当てはまることなど、コードをいかに読むべきか、別稿にて論じて頂いた。

今月のコンテンツ

M&A専門誌マールのお申込み

「「MARR(マール)」は日本で唯一のM&A専門誌。
「記事編」(WEBでご提供)と「統計とデータ編」(雑誌でご提供)で構成されています。

M&A専門誌「MARR(マール)」を申し込む

購読お申込み

刊行一覧 2015年

年別一覧

アクセスランキング